読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ksgの日記とは呼べない

居酒屋に行けばポテトサラダを注文しています。

【悲報と感動】Macが再び旅立つ……

経緯は後日で。

先程、私のMacが再修理のためヤマトさんが取りに来てくれた。 

 

インターホンが鳴ったのでさよならの代わりに、パシャッ。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191617j:image

 

※配達スタッフの撮影許可はとっています。 

 

 

ヤマトさんがその場で手際よく段ボールを組み立てる。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191631j:image

「最近はiPhoneの修理依頼が多いんですよねー、ひさしぶりにMacの集荷に来たんですよー」と、流暢なトークをして間を作らない配慮は素敵だ。

 

梱包中。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191645j:image

動きが速すぎて、何をしているのかわからん。プロだ、この人。

 

 

優しく包み込んでくれる。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191705j:image

まるで赤ん坊のように。

 

あれやこれやと端末を操作する。かっこいいな。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191717j:image

 

 

段ボールへ積み込まれる。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191732j:image

 

 

テープで養生する。

f:id:KSGKSGKSG:20161001191743j:image

 

 

速い。
f:id:KSGKSGKSG:20161001195327j:image

 

 

速すぎて残像になった。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191828j:image

 

 

この梱包技術こそ、特許にすればいいよ。本当に丁寧だな。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191837j:image

 


f:id:KSGKSGKSG:20161001191851j:image

「雨が止んで良かったですよねー、我々の仕事は天気にも左右されますからねー」

なんていうトークだ。私への配慮のために自分の仕事の弱みを晒してくれるなんて。そういうのは自分を理解してもらうためにする会話だ。ヤマトさんは俺に理解を求めているのか。いや、既にヤマトさんの手中です。


f:id:KSGKSGKSG:20161001191902j:image

そんな話をしながら色々と段ボールに貼り付ける。

 



あっという間に台車へ乗せて片付けをする。

いよいよ旅立ちの時。
f:id:KSGKSGKSG:20161001191920j:image

「責任を持ってお届けしますのでご安心ください!また数日後に直ったらご自宅へお届けします!」

なんという安心感だ。最早、ヤマトさんに全幅の信頼を寄せてしまっている。

 


f:id:KSGKSGKSG:20161001191929j:image

Macはヤマトさんから修理工場へ。

10分もかからず、運ばれていったよ。ヤマトさんは次の集荷へ行った。

 

ヤマトさんの仕事っぷりを目の当たりにして魂が奮えた。感動。