読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ksgの日記とは呼べない

居酒屋に行けばポテトサラダを注文しています。

【たか通信】多摩川で“二子の渡し”をやるみたいだけど、めっちゃ参加したい欲がある

撮影センスが乏しく文字が化けかけているのはすいません。

f:id:KSGKSGKSG:20151022094631j:image

休日であれば参加表明を出そうかと思っています。地元の子供達に混じって大人がキャッキャする予定です。

 

江戸時代幕府多摩川江戸防衛の最前線と位置づけていたため、長い間架橋を制限していた。そのため、古来よりこの地を通っていた大山街道は、近年まで渡し船二子の渡し」(ふたごのわたし)が結んでいた。この渡し船は、人を渡す船はもちろん、馬や荷車を渡す大型の船も用意されていた。江戸時代中期から、橋ができる1925年(大正14年)まで、二子村と瀬田村(現在の世田谷区瀬田)が村の仕事として行っていた

二子橋 - Wikipedia

 

当時はアクセスツールとしても、商売としても機能していたんですね。世田谷区と高津区を繋ぐ重要な役割を果たしていたのです。当時の方達の生活を体験できるのは面白そう!

 

なので、来月の予定が分かり次第、続編があると思います。