読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ksgの日記とは呼べない

居酒屋に行けばポテトサラダを注文しています。

点滴患者は必読!入院中に役立ったモノ・あれば良かったモノを厳選。

入院をしていました。

f:id:KSGKSGKSG:20141015095804j:plain

 

 

 

原因は不明ですが、診断結果は最終的に腸炎でした。ずーっと虫垂炎なのか判断が難しかったらしいんですけど、手術にまで至らなくて良かったです。絶食は辛かったなー、点滴は腹が減らないっていうのは嘘ですよ。食わなけりゃ腹は減るもんです。

職場の皆さんにはご迷惑をおかけしました…。

 

 

 

入院は幼稚園に通っていた時以来でして色々と準備するものがよくわからなかったんですけど、自分なりに役立ったモノ・あれば良かったモノをまとめてみました。

 


■入院中に役立ったモノ

f:id:KSGKSGKSG:20141015100104j:plain

 

  1. TRANSIT(雑誌)
  2. DS(ゲーム機)
  3. ボディーペーパー

 

1.TRANSIT
写真が綺麗で和む。そこそこ厚みはありますが写真からの感覚で楽しむことが出来るからあまり頭を使わないでいける。

 

2.DS

f:id:KSGKSGKSG:20141015095824j:plain

そもそもゲームをすることが殆ど無い私にとっては、久しぶりの体験からハマっていたこともありましたね。
ドラクエをひたすらやってましたよ。
上の写真はドラクエ4でのファーストぱふぱふです。獄中ぱふぱふとかシチュエーションが凄い。ライアンも固まっている。

 

3.ボディペーパー
入院中は毎日、シャワーを浴びることが出来ません。入浴は曜日指定・時間指定があり色々と面倒。
ボディペーパーのおかげで全身拭くことが出来るし爽やかにもなります(錯覚だけである)。
足先から耳の裏まで、これは本当に救われた。

 


■入院中にあれば良かったモノ

  1. ショルダーバッグ
  2. ベスト(チョッキ)orダウンベスト
  3. Wi-Fi 

 

1.ショルダーバッグ
入院中はずーっと点滴で栄養補給をしておりまして左腕は点滴台とペアでした。移動する時が何かと不便。片手に財布で片手に点滴台とかだと両手が塞がって不便。

ショルダーバッグがあれば移動の時に全て詰め込んで解決出来たんだろうなーって。携帯電話やiPodや財布。安全に動けると思う。
特に病棟内をウォーキングしている時は役立ったんだろうな(入院中は筋力の落ち方が著しいので、少しでも維持すべく歩いてました。「歩きすぎ」ってナースに注意された)。

 

2.ベスト(チョッキ)orダウンベスト

院内って日中だと冷房が効いていたりするんですよね。あとは時期的に朝は特に冷え込んでいた。
点滴は左前腕から注入していた為、長袖は着ることが出来ず。持参のジャージなんかは肩から掛けてプロデューサー巻きするのが精一杯。
ベスト(チョッキ)があればお腹部分を締めることは出来るし動きやすい。何より袖を通しやすいことで些細なフラストレーションを解消する事が出来る。

 

3.Wi-Fi

長期入院の場合は必須でしょうが、私みたいに短期間の入院であれば必要ないのかもしれませんね。

テザリングなんかも良いと思いますが、如何せん通信料が一気に跳ね上がるから今回の入院で掛かった諸費用を考えると止めておこうと思った次第です。

 


■まとめ

  • 入院しないことが一番いい。入院は退屈です。