読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ksgの日記とは呼べない

居酒屋に行けばポテトサラダを注文しています。

ポテトサラダ

【ポテサラ備忘録】二子新地駅の“豚子新地(ブタコシンチ)”

豚子ポテトサラダ(432円也) 備忘録として 白い平皿に盛られたポテトサラダ。この時点で他の店で食べるポテサラと一線を引いてしまう。 “ポテトサラダにレタスを添える”行為って彩りが目的であることが多い。しかし、ここは『レタスも含めてポテトサラダ』を…

【ポテサラ備忘録】自由が丘駅の“阿波乃里”

ポテトサラダ(350円也) 備忘録として 黄色味が強いのが特徴的。ペースト状の馬鈴薯に鼻から突き抜けるような感じ。隠し味が存在している。辛子より柔らかい印象だったからマスタードなのかも。 店外で焼いている串物の香りと炭の香りが路地全体に広がってい…

【ポテサラ備忘録】新橋駅の“へそ”

北海道産ポテトサラダ(240円也) 備忘録として 粗く削った黒胡椒。まろやかな舌触りに程好い刺激が入って酒が進む。 隣に並んだ年配の方が美味しそうなつまみを注文していた。気になってしまい、話し掛けると「美味しいですよ」と。安心して同じ物を注文。や…

【ポテサラ備忘録】二子玉川駅の“魚仙”

ポテトサラダ(450円也) ハムを久々に食べた。ハムは万能だし、馬鈴薯とは相性がやっぱりいい。ハムはポテトサラダの具材を中和させてくれる暖かい立ち位置にある。玉葱や人参と一緒に口に含めば、引き立て役にもなるし、自己主張もするし本当に良い立ち位置…

【ポテサラ備忘録】高津駅の“ぶっち屋”

ゴロゴロベーコンのポテトサラダ(400円也) 備忘録として 馬鈴薯の粗っぽい食感と滑らかな食感は重なると滑らかさが上回る。おそらく馬鈴薯の種類によっても左右されているんだと思う。コーンの甘味と微塵切りにした人参の咀嚼した時の心地よい音が聞こえる。…

【ポテサラ備忘録】鷺沼駅の“とんちゃん”

ポテトサラダ(432円也) 備忘録として 馬鈴薯は粗めに潰しているが、しっかりと熱が通っているので柔らかな食感。マヨネーズの味付けだけでシンプル。トマトとパセリの主張が凄い。 店外から中の様子を見ていたら、従業員が「おいしいよー、どうぞ入ってねー…

【ポテサラ備忘録】すすきの駅の“古艪帆来”(コロポックル)

北あかりのポテトサラダ(480円也) 備忘録として 馬鈴薯は言わずもがな、北海道産。逆に北海道の飲食店が他の産地を使用することが珍しいと思う。馬鈴薯より、支えている野菜の甘味が印象的だった。 居酒屋なんだけどチェーンレストランのような雰囲気が東京…

【ポテサラ備忘録】学芸大学駅の“煮ジル”

スモーキーポテトサラダ(680円也) 備忘録として ベーコンを燻したあの独特な薫りが染み付いている。独特な感じだけどあれは大人になると病みつきにになってしまう不思議な薫り。馬鈴薯は濃厚な仕上げになっていて舌触りが滑らか。 店名通り煮込み料理は美味…

【ポテサラ備忘録】中目黒駅の“晩杯屋”

ポテサラ(130円也) 備忘録として 馬鈴薯の甘みを存分に引き出しつつ、食べ応えあり。千切りキャベツが添えてあるのも嬉しいし有難い。 昼間の早い時間帯から賑わっている。地元の引退者やクリエイティブ(多分当たっていると思う)な仕事に携わっている方達で…

【ポテサラ備忘録】渋谷駅の“やまがた 本店”

ポテトサラダ(450円也) 備忘録として 具材は馬鈴薯、胡瓜、玉葱の三種類。味付けは塩味がベース。コクとなる調味料は抑えに抑えている。 “やまがた”という店名から連想するであろう、東北らしい濃い目の味付けの肴が豊富である。口直しとしてさっぱりとした…

【ポテサラ備忘録】二子新地駅の“炭たけ”

焼き鳥屋さんの自家製ポテトサラダ(450円也) 備忘録として 馬鈴薯はペーストにしていて舌触りが印象に残る。フライドオニオンのカリカリとした食感との相性良し。中心部まで箸を通して開くと、鶏挽き肉がたくさん詰まっていて“焼き鳥屋さんのポテトサラダ”っ…

【ポテサラ備忘録】三軒茶屋駅の“采”

塩鮭とほうれん草のポテトサラダ(500円也) 備忘録として クリーム色に見えるものは馬鈴薯と鮭。『鮭が馬鈴薯に包まれている』と、想像してほしい。 塩鮭は銀皮ごと馬鈴薯と和えているのでお得感と食感の変化が良い。何よりも鮭がポテトサラダの中では最も、…

【ポテサラ備忘録】三軒茶屋駅の“燻製201号室”

燻製ポテトサラダ(710円也) 備忘録として スモーキーな香りは大人になってから良さに気付いた。いぶりがっこの食感がメリハリを付けてくれるし、何より咀嚼した時の音が良い。燻製×ポテトサラダは珍しい組み合わせだけど、充分に満足できる、店の売りをとこ…

【ポテサラ備忘録】渋谷駅の“山家”

ポテトサラダ(480円也) 備忘録として ポテトサラダとしては控え目。山家は焼き鳥を売りにしていることもあるので、それには力が入っていないのかな。味も充分に馬鈴薯の味を楽しめたんだけど、印象が薄かった。 24時間営業の居酒屋で正午に入店。カップル(fi…

【ポテサラ備忘録】松蔭神社前駅の“虎昌”

ポテサラ(480円也) 備忘録として スプーンと器の銀色が懐かしい。小学校と同じステンレス食器だ。器の色合いや盛り付けも料理のポイントなんだなー、ってポテトサラダを撮ることで改めて感じるようになってきた。 コンビーフの動物性脂肪が浸透して馬鈴薯と…

【ポテサラ備忘録】高津駅の“しくよろ亭”

自家製ポテトサラダ(360円也) 備忘録として ポテトサラダのどこをつまんでも人参の食感が楽しめる。千切り玉葱の辛味が時々やってきてアクセントになる。馬鈴薯のペースト感も舌触りが良い具合。 店内のBGMはビートルズやビージーズ。オールドロックは餃子…

【ポテサラ備忘録】松蔭神社前駅の“土蛍”

ポテトサラダ(500円也) 備忘録として ポテトの色が映える。アイスクリームみたいに白い。盛り付けと器の大きさが余計にそう思わせる。 アイスクリームみたいって表現をしたけど、味もそれに引けをとらない。ニンジンとコーンの甘みによって相乗効果も得られ…

【ポテサラ備忘録】新宿駅の“海峡”

厚切りベーコン&ポテトサラダ(680円也) 備忘録として お店のイチオシは間違いなく唐揚げである。学生間では大きさに定評がありすぎて有難き幸せである。斯く言う私も学生時代は海峡の唐揚げの大きさには驚きましたし、お腹いっぱいになることで満足度は高か…

【ポテサラ備忘録】世田谷駅の“串カツ田中”

ポテトサラダ(350円也) 備忘録として 「おまたせしましたーポテトサラダでーす」って元気な女性スタッフが運んできた。すりこぎ棒と具材が乗った“すり鉢”が目の前に置かれた。これはどういうことなんだろう、と1秒間考えたがすぐに解決出来た。スタッフの勢…

【ポテサラ備忘録】上町駅の“くし蔵”

ポテトサラダ(390円也) 備忘録として 口に含んだ瞬間に「アレっ?」って感じてしまった。味付けがあっさりとしていたからである。見た目からマヨネーズのもったりとした和え具合と胡椒の砕いた際の黒い点々からの辛味を想像していたから、頭の中のイメージと…